Sunday, June 9, 2019

SHOCK THE WORLD 「歌詞」 - FANTASTICS from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE



SHOCK THE WORLD, SHOCK THE WORLD
どこかで星が流れた
それは手繰られるように夜の縁をなぞった
焼け落ちた剣の星で王様が









SHOCK THE WORLD 「歌詞」 - FANTASTICS from EXILE TRIBE vs BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE



SHOCK THE WORLD, SHOCK THE WORLD
どこかで星が流れた
それは手繰られるように夜の縁をなぞった
焼け落ちた剣の星で王様が
右側が水晶、左側が砂の星で山賊が
光り方を忘れた隅っこの星で科学者が
ふと同じ流星を仰いだ
物語の切れ端を乗せた船は
瞬きの隙間を縫って飛び去った

余の国は滅びた 綻びた覇道への扉
立ち退く身を尚も取り巻く硝煙と敗戦の残り香
奇跡の到来などを信じた悲劇の蒙昧と民は云った
自責と後悔に灼かれながら星を追われる逃亡者
モノクロな窓の向こう遠のく王座
死に至る猛毒とは理想の主張か
なればこそ人を説くようだ
降下し出す救命艇 見知らぬ星に向ける Venez m’aider
生かされた意味を meditate 再建の日を夢見て





再生の Verse
流星に手を伸ばす
始まりが連なるユニバース
繋いでいく未来 with the ending in mind
揺るぎない一つの星が deep inside
何度だって繰り返す
軌道に沿って踏み出す
いつまでも reincarnation
偽りの無い shooting star
宙に舞う“Stella by Starlight”
軌跡は歪な方が Luminous

妙に洒落たナリの客人だな今夜は
堕ちた先がここじゃツキも落ちたようだな
元王様か何か知らんが盗賊には盗賊の流儀があると知れ
首が宙に舞うといけねえ
世界はサディストな Priest 達が描くジグソーパズル
理由も無く貧富の差で死ぬような Hypnotize された Histoire
なぁ喉元を這いずるこの退屈を殺したいんだ




俺も奪い去ってくれメサイア

再生の Verse
流星に手を伸ばす
始まりが連なるユニバース
繋いでいく未来 with the ending in mind
揺るぎない一つの星が deep inside
何度だって繰り返す
軌道に沿って踏み出す
いつまでも reincarnation
偽りの無い shooting star
宙に舞う“Stella by Starlight”
軌跡は歪な方が Luminous

遥々ご苦労なこと大層な話だね
氷に覆われたここで生命は私だけ
研究は気が付けば人の道を外れた
誰が為かも忘れた紙屑のようなラブレター
迷宮の果てにあるマテリアル
永久を糧に咲く白いカメリア




真理の前には倫理の叫びなど枷(かせ)になる
追い求めたくて老いを止めた
恋い焦がれた命の欠片 全ては白昼夢
もう遅いんだよと慟哭する Nocturne

星の合間からノイズ
夜空を攫(さら)い
空蝉のコラージュみたいな starlight

「何故私に構うんだ。」
「似ている気がしたんだ。」
「同じ穴のムジナってか。」「さてな。」
「くだらない。」
「願いに囚われている。」
「何故わかる?」
「目でわかるさ。何かを失ってガラス玉のようだ。」
「叶うならいつか故郷が見たいな。」
「なら決まりだ。」
「あるのかもわからない。」
「此処にいても変わらない。」




「では虚ろなこの船が何処へ着(ゆ)くのか賭けてみないか。」

宇宙は塞がり
閉じ篭った暗がり
星が落とす薄明かり
照らし出す不思議な繋がり
再びを願う心だけがじっと伝わり
熱をくべる篝
羽化していく蛹

爪先は前に向けておく
立ち止まった次の一歩目でも間違えないように
爪先は前に向けておく
ただ一途な目でいつか過ちすら愛でよう
爪先はできる限り遠く踏み込む
振り返る時自分の影が追い付けないように
爪先は前に向けておく
暁の果てに問う
これは躓きを糧に飛ぶ story





再生の Verse
流星に手を伸ばす
始まりが連なるユニバース
繋いでいく未来 with the ending in mind
揺るぎない一つの星が deep inside
何度だって繰り返す
軌道に沿って踏み出す
いつまでも reincarnation
偽りの無い shooting star
宙に舞う“Stella by Starlight”
軌跡は歪な方が Luminous

SHOCK THE WORLD, SHOCK THE WORLD
SHOCK THE WORLD, SHOCK THE WORLD
SHOCK THE WORLD, SHOCK THE WORLD
SHOCK THE WORLD, SHOCK THE WORLD






No comments:

Post a Comment